知ってた?バレンタインで渡すお菓子には意味があった!一覧表

バレンタインデーに相手に渡す「チョコレート」や「クッキー」などのスイーツお菓子。実はいつも渡しているお菓子には「意味」が込められています。

きっと、気にした事もなかったと思います。今まで知らず知らずのうちに、会社で渡していた「義理チョコ」で失礼なことをしていたかも・・・。

「必ず気にしなければいけない」というわけではないですが、知っておいて損はないと思います。チェックしておきましょう。

言われてみれば納得!?お菓子の意味

クッキー

サクサクッとした食感のクッキーには、「乾いた・軽い関係でいたい」という事から「友達でいよう」という意味が込められています。義理チョコや友チョコにクッキー、という使い方にピッタリです。

キャンディ

キャンディは、固くてなかなか割れず、長い間口の中に残りますね。そこで「関係が壊れない」「長い間続く」という事から「あなたのことが好き」となります。

本命ならバッチリですが、義理チョコとして渡すには気をつけないといけませんね。

マカロン

値段も高く、高級感もあるマカロンは「あなたは特別な人」という意味を示します。たしかにマカロンは日常にありふれてませんので「特別感」がありますね。

カップケーキ

マカロンと同様に「あなたは特別な人」という意味。

キャラメル

キャラメルって小さい頃よく食べませんでした?そしてオールドスクール的な懐かしい感じがしますよね。そんなこともあって「一緒にいると安心できる」という意味があります。安心できる友達とずっと仲良くしたい友チョコにもいいですよね。

マドレーヌ

「もっと仲良くなりたい」貝は2枚がピッタリと合わさることから「円満な関係」を想像できます。出会って間もない友チョコや、もっとこれから親密になりたい相手にいいですね。

バームクーヘン

何層にも重なっているバームクーヘンは「幸せが重なり長く続きますように」という意味があります。たしかに層になっている所は、いつまでも続く素敵な感じがよく分かります。結婚式の引出物によくある理由がわかりますね。

マロングラッセ

「永遠の愛を誓う証」ヨーロッパでは永遠の愛を誓う証として、男性が女性にマロングラッセを贈る習慣があります。そんなこともあって「永遠の愛」となります。

マシュマロ

「あなたのことが嫌い」マシュマロは食べるとすぐに溶けてなくなってしまうので、その程度の関係でいたいですという意思表示になります。じゃあ「わたあめ」だと更に・・・。

ただし、チョコ入りのマシュマロに関しては「純白の愛で包み込む」とポジティブな意味になります。

グミ

「嫌い」由来は特に無いみたいですが、嫌いという意味があるそうです。

逆に、意味は特にないお菓子

  • チョコレート
  • ケーキ
  • 和菓子
  • プリン
  • ミルフィーユ
  • ドーナツ

この中でも注目はやっぱりチョコレート自体に意味はないということでしょう。チョコレートには「ビターチョコ・ホワイトチョコ・ピーナッツチョコ・ウイスキーボンボン・・・・」挙げればキリがないほどの種類がありますが、どれも特に意味を持っていません。

渡された方は、チョコレートだけで判断できず、関係性やその場の雰囲気・緊張感で本命なのか義理なのかを判断することになりますので、渡すときにはちょっと工夫した方がいいかもしれません。

また、ミルフィーユは何層にも重なっているので、バームクーヘンと同じ意味があっても良さそうなのに意味は無いんですね。意味をいちいち考えたくなければチョコ以外のこのあたりから選ぶと無難ですね。

ひと目で分かる「一覧表」にまとめてみた

お菓子 意味 相手に渡す
クッキー 友達でいよう 友チョコ
キャンディ あなたが好き 本命
マカロン あなたは特別な人 本命
カップケーキ あなたは特別な人 本命
キャラメル 一緒にいると安心できる 本命, 友チョコ
マドレーヌ もっと仲良くなりたい 本命, 友チョコ
バームクーヘン 幸せが重なり長く続きますように 本命
マロングラッセ 永遠の愛の証 本命
マシュマロ あなたのことが嫌い 注意!
グミ 嫌い 注意!

本命相手に「マシュマロ・グミ・クッキー」を渡す時には気をつけましょう。一言添えたメッセージなどがあると良さそうです。

友チョコだと「マシュマロ・グミ」あたりを避ければ大丈夫ですね。

義理チョコには、「マシュマロ・グミ」以外にも「好き・特別な人といった意味があるもの」を渡すときには注意が必要です!思わせぶりになって勘違いされてしまうかもしれませんよ。