癒しのふれあいデート!大阪・京都の「豆柴カフェ・犬カフェ」

日本人の大好きな柴犬。昔から生活に馴染んでいるので親しみ深いですよね。柴犬は紀元前から日本人と一緒に生活を共にしてきました。

近年チワワやトイプードルなど小さな犬種に人気が出てから、注目を集めているのが「豆柴」です。厳密には豆柴という犬種は存在せず、小さいサイズの柴犬を豆柴と呼んでいます。

そんな豆柴と触れ合えるカフェが関西にもオープンしています。「猫カフェ」は多くありますが、犬と触れ合える「犬カフェ」はまだまだ数が少ないので貴重。コロンとしたシルエットが愛らしく触っていると癒やされますね。

大阪・京都にオープンしている豆柴カフェ、周辺の犬カフェを紹介します。

 

【道頓堀】豆柴カフェ 大阪店


▶公式:豆柴カフェ

2018年10月、道頓堀のど真ん中にオープンしたばかりの豆柴カフェ。全国に展開していて、インスタグラムにも頻繁に登場する話題のお店です。

受付で料金を支払うと入場時間を教えてもらえるので、それまでどこかで時間を潰して待ちましょう。道頓堀はお店も多いので退屈はしませんね。

店内に入ると、畳の敷かれた昭和レトロな内装がおでむかえ。ちゃぶ台がぽつんと置かれていて田舎に帰ったようで落ちつきます。店内に設置された自動販売機で好きな飲物を1つ選びましょう。30分の制限時間内で可愛い豆柴と触れ合うことができますよ。

基本的にみんな写真を撮りに来ていると言っても過言ではないので、気兼ねせずに写真に収めちゃいましょう。フラッシュはびっくりしちゃうので焚かないように気をつけましょう。

10頭ほどのワンちゃんがいるので、はしゃいでたり甘えてたり、寝ちゃっている子など、色んな表情のワンちゃんが見れますよ。

営業時間

10:30~19:00(最終入場18:30)

定休日

なし

制限時間

30分

料金(ワンドリンク付き)

大人(中学生以上)880円
小人(4歳~小学生、要保護者同伴)580円
3歳以下(要保護者同伴)無料

アクセス

近鉄「大阪難波駅」、大阪メトロ御堂筋線・千日前線・四つ橋線「なんば駅」より約6分

 

【道頓堀】ドッグテイル


▶公式:ドッグテイル

御堂筋を挟んで反対側へ足を伸ばせば、人気の犬カフェ「ドッグテイル」があります。最近ではだんだん人気が集まってきて、順番待ちをすることもしばしば。

残念ながら豆柴はいませんが、小型犬を中心に10頭を超えるワンちゃんたちと触れ合うことができますよ。

専用スリッパに履き替えて、ワンちゃんたちの部屋に遊び来たような感覚の犬カフェ。店内は清潔感もあり、ゆっくりと寛ぐことができます。

ショートからロングまで様々な制限時間設定がありますが、120分のロングコースがおすすめです。ロングコースにはワンドリンクに加え、ワンちゃん用のおやつがついてきます。やっぱりワンちゃんの警戒心を解くには「おやつ」が一番!ワンちゃんの方から寄ってきてもらうためには「武器」があると強いですね。

営業時間

「平日」12:00~20:00
「土日祝」11:00~20:00
*季節により変動あり

定休日

不定休

料金・制限時間

コース ドリンク 価格
ショート(50分) ワンドリンク 1,280円
ショートプラス(70分) ワンドリンク 1,490円
セミロング(90分) ワンドリンク 1,720円
ロング(120分) フリードリンク
ワンちゃんのおやつ
2,220円

*延長 540円/30分、追加ドリンク 220円/1ドリンク

アクセス

近鉄「大阪難波駅」、大阪メトロ御堂筋線・千日前線・四つ橋線「なんば駅」より約5分

 

【新京極】京都豆柴CAFE


▶公式:京都豆柴CAFE

河原町の駅からもすぐ、新京極商店街にある豆柴カフェの京都店。こちらもアクセスが良いので、お買い物の途中などに寄ることができますね。

京都店では1階と2階に分かれていて、時間差で入店。テーブルが5つあるので、10人ほどがいっぺんに入れます。待ち時間も比較的少なくなりますね。

スタッフの方から説明があった後は、ふれあいタイムがスタート。移動は1回だけと制限されているので、どのぐらい触れ合えるかは運次第。

スタッフの方と一緒にワンちゃんも周ってくるし、遊び道具が順番に回ってくるので、遊べるチャンスはちゃんと確保されていますよ。人に慣れている子ならゴロンと寝っ転がったりしてとっても癒されます。

道の向かいには「京都ひょう猫の森・京都のフクロウの森」も。デカデカと写真が飾られているのですぐにわかると思います。ジャングルのような店内で可愛いヒョウ猫と遊べますよ。

実は豆柴カフェの系列店で、どちらも利用するならセットで安くなるのでお得ですね。

営業時間

「平日」11:30~19:30
「土日祝」11:00~20:00

定休日

なし

制限時間

30分

料金

大人(中学生以上)880円
小人(4歳~小学生、要保護者同伴)580円
3歳以下(要保護者同伴)無料

*割引共通券あり(豆柴カフェのレジにて販売)

「豆柴カフェ・フクロウの森」2店購入
1,560円→1,400円
「豆柴カフェ・ヒョウ猫の森」2店購入
1,660円→1,500円

アクセス

阪急京都線「河原町駅」より約5分

 

【桂】パグカフェ Living Room 京都


▶公式:パグカフェ Living Room

「桂」には、パグ専門の犬カフェがあります。LivingRoom京都では、広い店内にたくさんのパグが歩き回っていますよ。

「ブサカワ」なパグは世界中で人気がありますよね。パグまみれになりたいと、海外からの渡航者も多く、人種を問わず常に賑わいをみせています。

チーズタイムと呼ばれるイベントで、パグ達がみんな「おすわり」して待っている様は、愛らしくて胸がキュンとしてしまいますよ。

店内で販売されているおやつを購入すれば、自分たちでおやつをあげることもできちゃいます。おやつを手にしたらワラワラとパグ達が集まってくるのでおすすめです。

営業時間

13:00〜18:00(最終受付17:00)

定休日

不定休、貸切日等あり「要HP確認」

制限時間

1時間

料金

1ドリンク+ヒトおやつ+ワンコおやつセット付き

新規 1.200円
会員 1.000円
中学生 100円引き
小学生 200円引き
乳幼児 無料
ワンコ 200円 ※ワクチン・狂犬証明書必須(男の子はマナーベルト着用)

・ワンコおやつ おかわりA 300円、Bスペシャル 600円
・延長 500円/30分

アクセス

阪急京都線「桂駅」から約8分
専用駐車場4台あり

 

【伏見区】Peton Cafe(ペットンカフェ)


▶公式:Petton Cafe

伏見区の六地蔵にある犬猫カフェ。小型犬から大型犬まで揃っていて、もちろん柴犬も。ワンちゃんと猫ちゃんの部屋は分かれていて犬だけ、もしくは両方と触れ合えるコースがそれぞれ設定されているのが嬉しいです。

MOMOテラス別館にあり、1階ではペットフードやペット用品の販売、エレベーターで上がった2階にあるのがワンちゃん達と触れ合えるカフェ。

制限時間は平日なら120分と長く、流れ作業的ではなく、ゆったりと楽しむことができるのが魅力です。

人懐っこい子が多く、ワンちゃんの方から膝に乗ってくる子も。それぞれのワンちゃん達の特徴がポップで書かれていたり、洋服についた毛を取るために「コロコロ」を貸してくれたりと、気遣いが嬉しいです。

猫ちゃんとの触れ合いは、1グループづつの貸切。他の人達に気を使うことなく触れ合えちゃいます。独占なんて他の猫カフェには無いですよね。

営業時間

10:00~20:00

定休日

なし

コース

犬と遊ぶ

1人1オーダー制 650円~(「CAFE MENU」より注文)

「制限時間」
120分・土日祝は90分
延長時には追加注文が必要

猫と遊ぶ(猫部屋への入場)

1歳~ 540円/30分 ドリンク付
延長210円/15分

1組づつ部屋に入る為、待ち時間あり

犬と猫と両方と遊ぶ

1人1オーダー制 1,080円~(「CAFE MENU」より注文)

「制限時間」
平日 犬90分+猫30分=合計120分
土日祝 犬60分+猫30分=合計90分

アクセス

電車

地下鉄東西線「六地蔵駅」より約5分
JR奈良線、京阪宇治線「六地蔵駅」より約8分

自動車

第二京阪道路「巨椋池IC」より約13分

駐車場

「MOMO Terrace」の駐車場を利用

最初の4時間無料、以降200円/60分(最大500円)

 

他の動物系カフェにも行ってみよう!

豆柴カフェで触れ合って楽しかったなら、他の動物がいるカフェにも行ってみませんか?大阪にも「うさぎ、カワウソ、ハリネズミ、ハムスター」など触れ合うことができるカフェがありますよ。それぞれ別に紹介しているので参考にしてみて。

癒やしのデートに!大阪のふれあい可能な「うさぎカフェ」一覧

眺めて触れあって癒やされる!関西にある「カワウソカフェ」

彼氏と一緒に癒やされるデート!大阪にあるハリネズミカフェ4選

デートにピッタリ!大阪でハムスターとふれあい可能なスポット