大阪から電車で行ける!日帰りで行ける関西の「道の駅」一覧

ここ数年「道の駅」が人気ですよね。地元産の新鮮な野菜や果物などが、市場価格よりも比較的安価で買えるのが嬉しいですよね。その土地その土地の「名物」にココロも踊ります。

基本的に道の駅はドライブ中の休憩スポット的に作られているので、車で行くことが前提で作られています。賛否ありますが道の駅での「車中泊」も近年増えてきました。

行きたくても車がないから諦めている人も少なくないですが、鉄道の発達している関西圏には、電車で行くことのできる道の駅も多くあります。電車で行けるなら移動時間も決まっているし、行きやすいですよね。

そこで、大阪から日帰りかつ、電車だけで行ける「道の駅」をすべて列挙してみました。駅からの距離も徒歩20分以内のスポットだけなので、駅からバスに乗る必要もありませんよ。

 

【奈良県】道の駅 大和路へぐり


▶:平群町観光ホームページ

大和路へぐりは、奈良県の中でも大阪側に近い道の駅。当日思い立ってもフラッと訪れることができるので便利です。

メインとなる建物の横に併設されている「とれたて市」で、地元農家によるイチゴやブドウなどのフルーツや、農産物の販売が朝から行われています。夕方に行くと売り切れになる物も多いので、なるべく早い方がいいでしょう。

自然派カフェ&レスト「 hanana(ハナナ)」は、健康意識が高い人にもオススメ。地元野菜をふんだんに使っていて、自分だけでは採れない野菜をとるキッカケにもなりますよ。

道の駅内では、時期によりみかんの販売だったり、近くのコーヒー屋さんの出店なども行われてます。なにが出店されているのか楽しみもありますね。

難波からの所要時間

約1時間

住所

奈良県生駒郡平群町大字平等寺75-1

電話番号

0745-45-8511

営業時間

9:00~18:00

電車でのアクセス

近鉄生駒線「平群駅」より約8分

 

【奈良県】道の駅 飛鳥


▶︎公式:道の駅 飛鳥

2018年9月、橿原神宮のちょっと南に道の駅ができました。明日香駅下車すぐという好立地で、道の駅というよりほぼ駅

あすか夢販売所での農産物直売。新鮮野菜や加工品が安く買えます。

名物の1つであるイチゴ「あすかルビー」味を楽しめるソフトクリームは、色合いも可愛くて大人気。このソフトクリームを食べることを目的としてもいいですね。周辺にはカフェやうどん屋さんなどの飲食できるスポットもありますよ。

周辺への観光に便利なレンタサイクルもあるので、お天気の良い日には自然豊かな明日香村でサイクリングを楽しむのもアリですね。

難波からの所要時間

約1時間

住所

奈良県高市郡明日香村大字越6-2

電話番号

0744-54-3240

営業時間

9:00〜17:00

電車でのアクセス

近鉄吉野線「飛鳥駅」より約4分

 

【奈良県】道の駅 ふたかみパーク當麻「當麻の家」


▶公式:道の駅 ふたかみパーク當麻

二上山の麓に広がる公園「二上山ふるさと公園」。公園手前に道の駅「當麻の家」があります。

地元野菜に加え、手作りのパンやケーキの販売もありますよ。「ちらし寿司」や「かやくご飯」を購入して、公園でランチに出掛けるのもオススメです。

西に50mほど歩けば公園の入口が見えてきます。芝生の広場や水辺のテラスなどで、気持ちの良い時間を過ごすことができますよ。

ご飯を食べた後は400段を超える石段の散策路へGO。ゴール地点には展望台。緑がいっぱいで気持ちが良いですよ。

難波からの所要時間

約1時間

住所

奈良県葛城市新在家402−1

電話番号

0745-48-7000

営業時間

9:00〜17:00

電車でのアクセス

近鉄南大阪線「二上神社口駅」より約10分

 

【奈良県】道の駅 宇陀路室生


▶公式:道の駅 宇陀路室生

「道の駅 宇陀路室生」は文字通り宇陀市にある道の駅。宇陀といえば三重県との県境も近く、ほぼ三重県。遠いイメージがありますが、電車で1時間ほどで行けちゃいます。

農産物直売・お土産物・レストランと三拍子揃った道の駅。地元の農家の方が出荷する「低農薬野菜」は特に人気がありますよ!

レストランでの食事は宇陀川を見下ろす羨望の良さもGood。旬を迎える地元野菜を使った精進料理に背筋が伸びます。ボリュームもあり満足感も高いですよ。

難波からの所要時間

約1時間

住所

奈良県宇陀市室生三本松3176-1

電話番号

0745-97-2200

営業時間

「みやげ物売場」9:00~18:00
「レストラン」10:00~18:00(定休日:水曜日)
「農産物直売所(こもれび市場)」
4月20日~9月 8:00~17:00、10月~4月19日 8:00~16:00

電車でのアクセス

近鉄大阪線「三本松駅」より約5分

 

【京都府】道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村


▶公式:道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村

「月ケ瀬駅」から線路をくぐって、坂を登ればすぐの好立地。2017年にオープンした比較的新しいスポットです。南山城村は京都府で唯一の村。村にある「道の駅」ってそれだけでワクワクしますよねー。

宇治から南山城村にかけてはお茶の名産地ということもあり、やはりお茶が一押し。コクのある「むらちゃプリン」「村抹茶どらやき」は、お土産として買って帰るのにも最適です。もちろん煎茶や、お茶の加工品も充実しています。

左手奥の、濃いお茶の味が特徴的な「むらまっちゃソフトクリーム」、レストランでのお蕎麦は特におすすめです。

時間が遅くなると売り切れのメニューもだんだん増えてきます。到着したらまずランチがいいかも知れません。

道の駅のまわりは茶畑に囲まれていて、気持ちの良い風景が広がります。

わざわざ出かけて行く価値のある道の駅ですよ。

大阪駅からの所要時間

約1時間40分

住所

京都府相良郡南山城村北大河原殿田102

電話番号

0743-93-1392

営業時間

9:00~18:00

電車でのアクセス

JR関西本線「月ケ瀬口駅」より約5分

 

【京都府】道の駅 ガレリアかめおか


▶公式:道の駅 ガレリアかめおか

京都市内から嵐山・保津川を抜けた先の亀岡。亀岡駅から20分ほど歩くと「道の駅 ガレリアかめおか」が見えてきます。

図書館が併設されていたりと、市民の憩いの場的要素の強い道の駅。地元野菜やお土産も買うことができます。お肉屋さんが出店していて、ここのコロッケがおすすめです。地元のブランド牛「亀岡牛」を堪能できますよ!

大阪駅からの所要時間

約1時間30分

住所

京都府亀岡市余部町宝久保1-1

電話番号

0771-29−2700

営業時間

9:00〜18:00

電車でのアクセス

JR嵯峨野線「亀岡駅」より約20分

 

【滋賀県】湖の駅 浜大津


▶公式:湖の駅 浜大津

こちらは道の駅ではなく、琵琶湖のそばにあることもあり「湖の駅」。ネーミングが良いですよね。「湖の駅 浜大津」は、ラウンドワンや映画館の入った商業施設浜「大津アーカスの2階」にあります。

地酒からお菓子までの近江の特産品、滋賀県の代名詞ともいえる「ひこにゃんグッズ」まで取り揃えています。お隣のフードコートでは、地元食材を使った料理のオンパレード。料理を食べて気に入ったら、隣であらためて購入して帰ることも可能です。

土日には朝市も行われ、野菜や果物、琵琶湖でとれたお魚の販売もありますよ。

大阪駅からの所要時間

約50分

住所

滋賀県大津市浜町2-1 浜大津アーカス2階

電話番号

077-526-8286

営業時間

10:00〜22:00

電車でのアクセス

JR琵琶湖線「大津駅」より約12分

 

【滋賀県】道の駅 びわ湖大橋 米プラザ


▶︎公式:道の駅 びわ湖大橋 米プラザ

琵琶湖の湖西と湖東をつなぐ琵琶湖大橋。湖東側にピエリ守山、湖西側にあるのが「道の駅 びわ湖大橋 米プラザ」です。最寄りの堅田駅からも徒歩20分ほどで行くことができます。

入り口左手に広がる特産品直売所「おいしやうれしや」。野菜や加工食品にお米、宝牧場のあん食パン、池田牧場のイタリアンジェラート。さらにはハンドメイドアクセサリーにいたるまで、様々なものが販売されています。綺麗なすっきりとした空間に陳列されていて、居心地の良さも魅力です。

外に出れば、琵琶湖大橋を間近で見ることができます。湖東までのびる雄大な橋は、琵琶湖とのコントラストも最高ですよ。

大阪駅からの所要時間

約1時間10分

住所

滋賀県大津市今堅田3-1-1 琵琶湖大橋西詰め

電話番号

「おいしやうれしや」077-574-6161
「レストラン・売店」077-572-0510

営業時間

「4月~9月」9:00~19:00
「10月・11月」9:00~18:00
「12月~2月」9:00~17:00
「3月」9:00~18:00

電車でのアクセス

JR湖西線「堅田駅」より約20分

 

【滋賀県】道の駅 藤樹の里あどがわ


▶︎公式:道の駅 藤樹の里あどがわ

湖西線をどんどん北上した先にある高島市。大阪からも1時間半で着いちゃうので、日帰りも十分可能な距離です。安曇川駅から「よえもんさん通り」をまっすぐ歩けば「道の駅 藤樹の里 あどかわ」があります。

大きく育った地元産野菜の販売が特徴的。フードコートやレストランなども豊富なので、食に困ることはないでしょう。近江牛を贅沢に使ったカレー、すき焼き定食は満足感も高くおすすめ。

また、小浜から続くこの辺りの道は「鯖街道」とも呼ばれた物流の要所。お弁当で買える「焼き鯖寿司」も見逃せません。

また、高島市は扇子の産地としても有名。扇子の絵付け体験もできたりするのも魅力ですね。

大阪駅からの所要時間

約1時間30分

住所

滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1

電話番号

0740-32-8460

営業時間

9:00〜18:00

定休日

第2水曜日(4月・8月は無休)、元日

電車でのアクセス

JR湖西線「安曇川駅」より約13分

 

【兵庫県】道の駅 北はりまエコミュージアム


▶公式:道の駅 北はりまエコミュージアム

日本列島の中心に位置する西脇市。人間でいう「おへそ」の部分にあたりへそ公園駅の近くには石碑も建てられています。

駅からちょっと歩きますが、「道の駅 北はりまエコミュージアム」までは徒歩で20分ほど。のんびり向かいましょう。

地元産野菜や卵がならぶ特産品販売コーナーでは、200年の歴史がある播州織製品に注目。雑貨などの小物だけでなく、生地やカッターシャツまで取り揃えているのは産地ならでは。こういうものって伝統が感じられていいですよね。

食事のおすすめはバーガー。黒田庄和牛を使用したパテを挟んだ「ネーブルバーガー クラシック」は、和牛の旨味がたまらない一品です。ボリュームもあり、見た目もアメリカン。地元野菜のスープと一緒に食べましょう。

大阪駅からの所要時間

約2時間30分

住所

兵庫県西脇市寺内517-1

電話番号

0795-25-2651

営業時間

「3月〜10月」9:00〜19:00
「11月〜2月」9:00〜18:00

定休日

年末年始

電車でのアクセス

JR加古川線「日本へそ公園駅」より約20分

 

【和歌山県】道の駅 紀の川万葉の里


▶:かつらぎ町役場

紀ノ川沿いにある「道の駅 紀の川万葉の里」。この辺りは和歌山の中でも大阪寄りなので、比較的行きやすい。川も山もある気持ちの良いスポットですね。

季節の果物や野菜も豊富に取り揃えられています。レストランもリニューアルされ、綺麗になりました。柿の有名な地域ということもあり、柿の葉寿司はおすすめですよ。

河原に降りることもできるので、のんびり過ごすことができますよ。

南海なんば駅からの所要時間

約1時間30分

住所

和歌山県伊都郡かつらぎ町窪487-2

電話番号

0736-22-0055

営業時間

物産販売施設
「3月~10月」8:30~18:00
「11月~2月」8:30~17:00
レストラン
「3月~10月」10:00~18:00
「11月~2月」10:00~17:00

定休日

年末年始

電車でのアクセス

JR和歌山線「西笠田駅」より約15分

 

【和歌山県】紀ノ川SA(下り)


 出典:ぐるなび

阪和道のサービスエリア「紀ノ川」は、和歌山の入口に位置することもあり、車で出かける際に頻繁に立ち寄るスポットですよね。実は紀ノ川SAは一般道から歩いて入場できるんです

駅から徒歩20分ですが、坂が続くので歩きやすい靴で出かけましょう。高いところまで歩く分、見晴らしが良いのも魅力ですよ。

紀ノ川は主要SAということもあり、近隣の名産品・お土産も充実。なかでも有田にある「伊藤農園」のみかんを使った「寒天ジュレ」は注目です。甘さ・酸味の異なる4種の中から自分好みの「みかん味」を選ぶことができますよ!

また、夏の暑い日ならソフトクリームも良いですね。上まで頑張って登ってきたご褒美に、柑橘ソフトクリーム「和歌山じゃばらソフト」なんて最高です。爽やかな酸味が疲れた身体を癒してくれますね。

お腹が空いたらフードコートへ。和歌山といえば「みかん」だけでなく「梅」も有名ですよね。紀ノ川SA名物「梅うどん」は、なんと麺がピンク色。麺の生地に梅を練り込んでピンク色に仕上げています。梅の味が効いてあっさりと食べられるのでおすすめですよ。

JR難波駅からの所要時間

約1時間40分

住所

和歌山県和歌山市北野744-5

電話番号

073-462-0395

電車でのアクセス

JR阪和線「紀伊駅」より約20分