家族でワイワイ日帰りドライブへ!関西の絶景あじさいスポット

家族みんなでお出かけするのは、やっぱり楽しいですね。日帰りで遠出するとプチ旅行気分も味わうことができます。

6月に満開を迎えるのは、カラフルで美しい「アジサイ」。小学校や近くの公園など、都会でも見ることができます。

でも、ちょっと郊外まで足を伸ばせば、広大な敷地に敷き詰められた「アジサイ」が見られますよ。同じ色のアジサイが大量に群生していると、まるでキャンバスに絵の具で色を塗ったようで美しいです。敷地も広いので、子供もテンションが上って走り回っちゃいそうですね。

関西に数ある「アジサイ園」の中から、日帰りドライブにちょうどよい距離に位置するスポットを紹介します。

敷地が広く歩く距離も長くなるので、「歩きやすい靴」で行きましょう。さらに梅雨の時期と重なるので、「汚れてもいい靴」で行くのがおすすめです。

 

【三重県津市】かざはやの里 -かっぱのふるさと-


▶公式:かざはやの里

「かざはやの里」は関西および東海地方でもトップクラスのアジサイ園。「伊勢温泉ゴルフクラブ」の中に位置し、もちろんゴルフをしなくても訪れることが可能。

25,000㎡に約56種75,000株のあじさいが咲き誇る、圧倒的なスケールです。丘陵地の環境を活かした植栽をしていて、上を見ても左右を見ても「真ん丸で大ぶり」のアジサイに囲まれちゃいます

丘に咲く紫陽花は色別に分けれれていてまるで波のよう。丘の上から見下ろすとまさに「アジサイの海」。このまま飛び込んでしまいたいぐらいですよ。

あじさいまつりの期間中には「スタンプラリーやクイズ」と言った参加型イベントもあるので家族で楽しめますよ。

見頃時期

6月中旬頃

あじさいまつり

6月上旬〜7月上旬

営業時間

8:00〜17:00

料金

300円(高校生以下無料)

アクセス

大阪からの距離

約2時間

高速道路

阪神高速-西名阪自動車道-名阪国道-伊勢自動車道「久居IC」より約5分

駐車場

無料駐車場あり

道の駅に寄っていこう

高速道路に乗る前に、ちょっと北に寄り道して「道の駅 津かわげ」に行ってみましょう。海も山も近い「津」の地元のものがバッチリ揃っていますよ。

野菜のレシピもいっぱい置いてあるので、調理法がすぐにイメージできありがたいです。地元伊勢湾からその日に水揚げされた「津のもの定食」が人気のレストランもあるのでここで食事をとっても良いですね。

 

【和歌山県上富田町】あじさい曼荼羅園


▶公式:あじさい曼荼羅園

白浜近くに位置する、1300年の歴史がある「救馬溪観音(すくまだにかんのん)」は、和歌山南部では最古の開運・厄除けの霊場。救馬溪観音の運営するあじさい園が、約2,000坪の敷地を誇る「あじさい曼荼羅園」です。

昭和60年よりアジサイ好きの方々が境内に植え始めたアジサイの株。少しずつ増え続け、今では約120種10,000株にまでなりました。

園内には6体のお地蔵様が祀られているので、六地蔵巡りをしながらアジサイを楽しむことができます。山あいに位置しているので、斜面にアジサイが咲いています。見上げて見るアジサイは圧巻ですよ。

期間中の土日には、ギターやフルートのライブ、地元高校吹奏楽部による演奏、住職によるギターの弾き語りまで開催されています。住職自らギターの弾き語りって面白いですね。餅撒きも行われるので子供と一緒に行っても楽しめますよ。

見頃時期

6月中旬〜下旬

開園期間・時間

6月上旬〜7月上旬
9:30〜16:00

料金

大人(高校生以上)500円
小人(小・中学生)250円

アクセス

大阪からの距離

約2時間

高速道路

阪神高速-阪和道-湯浅道路-紀勢道「上富田IC」より約3分

駐車場

無料駐車場あり

近くにある「せんべい工場」で試食してみよう

海沿いに出ると、「海鮮せんべい南紀」というせんべい工場があります。

こちらではガラス越しに製造工程を見学できるだけでなく、試食もできます。その数40種以上です。さらに無料でコーヒーが飲めるサービスもあり、休憩するのにもってこいとあって、人気の施設となっていますよ。

 

【京都府福知山市】丹州観音寺


▶公式:丹州観音寺

通称「あじさい寺」と呼ばれている丹州観音寺(タンシュウカンノンジ)は、「花の寺二十五ヶ所」第一番札所となっています。1300年の歴史がある由緒正しいお寺で、100種10,000株のあじさいが咲き誇ります。

駐車場で車を降りた瞬間から「真っ青なアジサイ」が出迎えてくれます。青一色で梅雨の空によく合います。仁王門から続く参道周りにもアジサイが溢れかえり、白・青・ピンクと色とりどり。仁王門とアジサイは風流で絵になる構図ですよ。

参道を進んだ先にある「七観音霊場」の七観音巡りの小道が「あじさいの道」に変身。途中で寺務所の縁側に座ってアジサイを眺めたり、展望台に登ったりと、小道に咲き乱れる色とりどりのアジサイを楽しめます。

小道を進むこともありアジサイとの距離もとても近い!間近で大輪の花と対峙できますよ。

見頃時期

6月初旬〜7月初旬(最盛期6月18日~6月30日頃)

拝観時間

9:00~17:00

拝観料

350円

アクセス

大阪からの距離

約1時間30分

高速道路

阪神高速-中国自動車道-舞鶴若狭自動車道「福知山IC」より約5分

駐車場

無料駐車場あり

近くにある動物園に寄っていこう

福知山駅の方へ車で20分ほど行くと、「三段池公園」という大きな公園があります。大型複合型遊具で遊んだり、科学館でプラネタリウムを鑑賞したり、さらには動物園までありますよ。

決して大きくない動物園ですが、レッサーパンダやカンガルーといった人気の動物も。餌やりも出来るので子供と一緒に楽しむことができますね

 

【京都府舞鶴市】舞鶴自然文化園


▶公式:舞鶴自然文化園

京都の北部「舞鶴」に位置する、43ヘクタールという広大な自然文化園。春は椿、夏はアジサイ、秋には紅葉といった景色の美しい名所として有名です。2ヘクタールという広大な「あじさい園」に咲くのは約100種100,000株。

谷あい一面に広がるアジサイは、まさに「アジサイの海」です。標高も200メートルと高く、舞鶴湾を眺める事ができる展望デッキからの眺めは圧巻です。舞鶴クレインブリッジだったり、「しらね・ましゅう」といった海上自衛隊の船も見えたりしますよ。遊歩道も1kmと長く、散策するのにぴったり。青いあじさいの海の中に飛び込みましょう。

あじさいまつり期間中にはジャズ演奏などが行われ、鉢植えアジサイの販売も。土日にはオリジナルカレーや地元野菜・雑貨を買い求められる「テント市」があり盛り上がりを見せますよ。

見頃時期

6月中旬〜7月上旬

あじさいまつり期間・時間

6月中旬〜7月上旬
9:00〜17:00

料金

大人(高校生以上)300円
小人(小・中学生)150円

アクセス

大阪からの距離

約2時間

高速道路

阪神高速-中国自動車道-舞鶴若狭自動車道-紀勢道「舞鶴東IC」より約20分

駐車場

無料駐車場あり

近くの観光スポット

映画やドラマのロケ地によく使われる「舞鶴赤れんがパーク」が近くにありますよ。昭和36年に建てられた倉庫で、国の重要文化財にも指定されています。

数も多いですが、驚くべきはその大きさ。きっと予想を超えてくると思います。海軍グッズなどが買えるし、海軍カレーは旧海軍の街ならではですね。

 

まだまだある!あじさいスポット

梅雨時期の雨によく映えるあじさいの花。「名所・あじさいまつり」だとさらに楽しめます。こちらで紹介しているので参考にしてみて。

雨の日デートにもおすすめ!関西にある「あじさい」の名所4選

お祭りがあると子供も楽しい!関西の「あじさいまつり」に行こう