お祭りがあると子供も楽しい!関西の「あじさいまつり」に行こう

梅雨の時期がやってくると雨ばかりで憂鬱ですが、雨が欠かせない「アジサイ」のきれいな時期でもあります。

関西にもアジサイの名所と言われるところは数多くあります。ママは大きくて綺麗なアジサイの写真が撮りたい。でも子連れで行くと子供は退屈しないかなと心配になります。

実はアジサイの見頃に合わせて「あじさいまつり」を開催しているスポットって結構あるんです。祭りが開催されていれば家族で行く際にも行きやすいですよね。

そこで関西にあるアジサイの名所の中から、「あじさいまつり」が行われるスポットを紹介します。

 

【兵庫県猪名川町】大野アルプスランド


猪名川町 観光協会

阪神地区最高峰の大野山にある大野アルプスランド。山頂で満開を迎えている約50種16,000株のアジサイが美しく、山頂からの360度の景色と合わさって名所の一つとなっています。標高が高く、気温も低いのでアジサイの開花時期も遅く、7月上旬頃がベスト。

斜面に咲くアジサイは青ばかり。アジサイは土壌が酸性だと青い花が咲きます。酸性よりということも言えますが、実はこちらでは白いあじさいも咲きます。しかし白いアジサイの花は、野生の「鹿」が好んで食べてしまうそうです。

これにより見渡す限り青になるそうです。大野アルプスランドで白いあじさいは貴重なので、青い空と一緒に写真に収めたいですね。


出典:http://inagawa-kanko.com/

山頂には天文台もあって「プラネタリウムや星の観察」ができます。昼間だと望遠鏡で太陽の黒点も見られますよ。天文台とアジサイの組み合わせは全国的にも珍しい。写真を撮る際は天文台も入れて構図に収めたいですね。

見頃を迎える7月上旬にはあじさいまつりが行われます。ステージ上でのイベントや模擬店などが楽しめますよ。来場者先着1,000名まで「地元野菜をプレゼント」といったイベントも。せっかくなので午前中には着いておきたいですね。

見頃時期

6月中旬〜7月中旬

あじさいまつり

7月初旬の日曜日
10:00〜15:00

料金

無料

アクセス

自動車

阪神高速11号池田線「池田木部IC」より約50分

駐車場

無料駐車場あり

馴染み深い「猪名川」の源流


出典:https://goo.gl/maps/PRiPfwwXorw

池田の五月山、伊丹空港、尼崎と豊中の境を通り神崎川に合流。そのまま大阪湾に流れている一級河川「猪名川」の源流がココ大野山の山頂付近にあります。

このチョロチョロと流れる水が阪神圏の住民の暮らしを支える「生活・農業・工業用水」として使われています。長い月日をかけてあの「猪名川」になっているんだと思うと、嬉しくなりますね。

寄り

 

【京都府長岡京市】柳谷観音 楊谷寺


▶公式:柳谷観音 楊谷寺

1200年を超える歴史のある柳谷観音 楊谷寺。空海ゆかりのお寺で眼病に効くことで知られています。「あじさいの道」が整備されていて、約5000株のアジサイが斜面一帯に植えられています。京都の中心地から離れていることもあって、あじさい見物の「穴場スポット」になっていますよ。

斜面に作られた回廊は「あじさい回廊」と名づけられ、両側にはあじさいが植えられています。靴を脱ぐ必要がありますが、奥の院に抜けれるようになっています。美しい庭園を眺めながら古き良き日本を感じる事ができますよ。


出典:https://yanagidani.jp/

見頃の時期には、3週間ほど続く「あじさいウィーク」が開催されます。普段は行っていない御朱印を「御朱印イベント」として授与してくれる日があったりします。朱印帳を持って集めている人には大変嬉しいイベントですね。また、その中の一日(例年6月下旬の日曜日)には「あじさいまつり」と銘打ったお祭りが行われます。

太鼓や三味線、琴の演奏、お坊さんの歌まで。朝から昼過ぎまでイベントも目白押し。朝市やアジサイの販売、飲食の屋台も出ています。ホットドッグやみたらし団子、子供も大好きなものばかりで家族でワイワイと楽しむことができますよ。

あじさいウィーク

6月中旬〜7月上旬

あじさいまつり期間

例年6月下旬頃の日曜日

拝観料

200円

アクセス

電車

JR「長岡京駅」・阪急「西山天王山駅・長岡天神駅」下車。阪急バスにて「奥海印寺バス停」下車、徒歩40分

*「あじさいまつり」当日にはJR「長岡京駅」・阪急「西山天王山駅」よりシャトルバス運行あり。

自動車

京都縦貫自動車道「長岡京IC」より約10分。

駐車場

無料駐車場あり

ついでにもう一つ「菖蒲」が見頃

同じ時期には、近くにある「長岡天満宮」で、菖蒲が見頃を迎えていますよ。菅原道真公も愛した「八条ヶ池」あたりに菖蒲がズラッと咲いていますよ。

長岡天神駅からも近いので、電車で来たとしても気軽に立ち寄れるスポットです。

 

 

【大阪府東大阪市】府民の森 ぬかた園地


▶公式:大阪府民の森

大阪府と奈良県の県境に位置する生駒山。山中にある大阪府営の「ぬかた園地」には、1,500mのつづら折りの遊歩道があります。遊歩道沿いに約30種25,000株のアジサイが咲き誇り、大阪府でも最大級のアジサイの名所となっています。

幻のアジサイ「七段花」も見つけることができますよ。梅雨の合間の晴れた日に、さえずる小鳥の声を聞きながらハイキングするのにピッタリの場所ですね。

周辺に駐車場がないのでハイキングコースを利用して訪れる必要があります。幾つかルートがありますが、おすすめコースはこちら。

  • 生駒駅からケーブルカーに乗り山頂へ。
  • そのまま下りのコースで「あじさい園」へ。
  • アジサイを堪能した後は、そのまま下りのハイキングコースを選び「石切・額田・平岡」駅へ抜ける。

かなりの距離を歩くことになるので、もちろん歩きやすい靴でお出かけしましょう。

あじさいまつり期間中の土日にはオープンカフェが登場します。森林浴しながら飲むコーヒーは格別ですよ。また、ホームページから予約すれば「あじさいハイキング」も可能。「鳥居下駅」からパークレンジャーの方による「解説付き」であじさい園を巡ることができます。

なんとなくアジサイを見るのもいいですが、しっかりとした説明をしてくれると、興味を持ってくれそうで子供の教育にもいいですよね。

見頃時期

6月下旬~7月上旬

あじさいまつり期間

6月中旬〜7月上旬

料金

無料

アクセス

電車

  • 近鉄奈良線「生駒駅」より、近鉄生駒ケーブル「鳥居前駅」乗車、「生駒山上駅」下車。徒歩約30分。
  • 近鉄奈良線「額田駅」下車。摂河泉展望ハイキングコースを徒歩約80分。
  • 近鉄奈良線「石切駅」下車。辻子谷ハイキングコースを徒歩約80分。

自動車

国道170号線(外環状線)「下六万寺」交差点を東へ進む。「らくらくセンターハウス」があります。ハウスの手前にらくらく登山道の駐車場あり。

らくらく登山道から更に進み、「なるかわ園地」を抜けると「ぬかた園地」(徒歩約2時間)

駐車場

ぬかた園地には駐車場なし

帰りに眺めの良い展望台へ寄ろう

枚岡駅へ抜けるコース(摂河泉展望コース)を選ぶと、途中に「額田山展望台」を通ることができます。標高約250mの展望台からは大阪平野が一望できますよ。

実は隠れた夜景スポットになっていて、夜は人も少なく超穴場。ただし街灯も少なく真っ暗になるのでちょっと怖いです。夜まで待つなら充分に注意してくださいね。

 

まだまだある!あじさいスポット

お祭りの日は都合が悪い、実は人が多いのが苦手。お祭り当日に行けないなら、「名所」と言われるところに行きませんか?規模が大きく、きっと満足度も高いですよ。

雨の日デートにもおすすめ!関西にある「あじさい」の名所4選

家族でワイワイ日帰りドライブへ!関西の絶景あじさいスポット